おおたけ手すき和紙の里

大竹手すき和紙とは

広島県の西の端、大竹市には
県内で唯一、手すき和紙の伝統が息づいています。

四百年以上の伝統

四百年以上の伝統

大竹の和紙づくりは、江戸時代初期に始まったといわれています。
藩の専売事業として発展し、大正時代には、千軒もの製紙家がありました。
しかし、機械化や洋紙への転換などにより、現在は、おおたけ手すき和紙保存会のみが生産しています。

清流、小瀬川の豊かな水

清流、 小瀬川おぜがわ
豊かな水

大竹で和紙づくりが盛んになったのは、安芸の国(広島県)と周防の国(山口県)の境を流れる
小瀬川(木野川)の清らかで豊かな水に恵まれたこと。
上流の山間地がコウゾの栽培に適していたことなどがあげられます。

地元産コウゾにこだわる

地元産コウゾに
こだわる

大竹手すき和紙は、コウゾ100%の原料に、
トロロアオイの根からとった「ネリ」を加え、多くの工程を手作業で行っています。
地元産コウゾやトロロアオイを原料にすることにこだわり、市内数か所の畑で栽培しています。

希少な手描き鯉のぼり

希少な
手描き鯉のぼり

コウゾだけでつくられる大竹手すき和紙は、白く、強靭であることが特長です。
障子紙や書画、行灯、文具、広島で盛んな神楽の面などに使われています。
とくに和紙でつくった手描き鯉のぼりは、全国でも希少な存在です。

大竹手すき和紙の主な種類

大竹手すき和紙の主な種類

地元産原料にこだわった、コウゾ100%の手すき和紙。
白く美しく、しかも丈夫です。

サイズ:約100cm×62cm 
※価格は、すべて税込です。

鯉紙(こいがみ)

かつて大竹で盛んだった紙の鯉のぼり用に開発された和紙。
幅広い用途で使えます。

色:白 価格:600円(1枚)

障子紙(しょうじがみ)

コウゾ100%の原料からつくられる、丈夫な障子。
紙書画用などにもおすすめです。

色:白 価格:600円(1枚)

提灯紙(ちょうちんがみ)

提灯用に開発された薄手の繊細な和紙。
光の透過率が良く、手作りの行灯などに。

色:白 価格:500円(1枚)

書道用紙(しょどうようし)

にじみが少なく、程よいかすれが出ます。
大竹市恒例の書初め大会に使用されています。

色:白 価格:500円(1枚)

下張り(したばり)

襖(ふすま)の下張りに使われていた和紙。
コウゾの皮入りと繊維入りがあります。ラッピング等に。

色:白・生成り 価格:皮入り400円(1枚)
繊維すき込み500円(1枚)

二枚干し(にまいぼし)

鯉紙や障子紙を二枚重ねて乾燥させた厚手の和紙。
モビールなど各種クラフトに。

色:白 価格:800円(1枚)

三枚干し(さんまいぼし)

鯉紙や障子紙を三枚重ねて乾燥させた頑丈な和紙。
カットしてポストカードなどに。

色:白 価格:1,100円(1枚)

PageUP