おおたけ手すき和紙の里

おおたけ手すき和紙
保存会について

四百年以上続く、大竹の和紙技術の保存と継承に努めるとともに、
「おおたけ手すき和紙の里」の管理・運営を行っています。

保存会の概要

設立 昭和63年4月
所在地 〒739-0631 広島県大竹市防鹿3365
(おおたけ手すき和紙の里内)
TEL 0827-93-3576 
E-mail
役員 会長/森本勝見
副会長/丸山幸志・岡野輝則
事務局長/吉田茂文
会員数 45名
年会費 正会員 1,200円 賛助会員 1,000円(一口)

保存会の主な活動

手すき和紙の生産技術の保存と継承

手すき和紙の生産技術の保存と継承

コウゾやトロロアオイの栽培

コウゾやトロロアオイの栽培

地域の和紙文化を支える人材の育成

地域の和紙文化を支える人材の育成

学校教育や地域の文化活動への貢献

学校教育や地域の文化活動への貢献

特産品としての手すき和紙の普及

特産品としての手すき和紙の普及

手すき和紙の里の管理と運営

手すき和紙の里の管理と運営

保存会会員募集中

和紙の生産や原料の栽培、紙すき体験のインストラクター、各種ワークショップの企画・運営スタッフとしてなど、いろいろな活躍の場があります。一緒に楽しく活動しませんか。

お問い合わせ

TEL 0827-93-3576 
E-mail

活動予定

表をクリックするとPDFが表示されます。


PageUP